SIMPLE NOTE(シンプルノート)小牧スタジオ|洗練されたデザイナーズ住宅

ニュース・ブログ

家づくりの現実と打ち手

昨今、住宅の価格は、
原材料費の上昇と税負担の上昇、
そして基本スペックの上昇によって、
上昇の一途を辿っています。

また、それに加えて、
インターネットやSNSの普及に伴い
追加オプションがどんどん加わり、
より家の価格が押し上げられて
いっているのが現状です。

結果、3年前と比べると、
ざっと400万円〜500万円ぐらい
価格差があると感じているのですが、
これを踏まえた上で、
私たちが考えなければいけないのが、
今後はどのような家づくりを提案すべきか
ということです。

これまで通りの家づくりをしていたら、
明らかに家を建てる人が背負う負担が大き過ぎ、
これから迎える人生100年時代を
豊かに生きていくことが出来なくなってしまうからです。

おはようございます。
営業担当のやとうです。

ということで今回は、
家づくりの負担を下げる打ち手を
一緒に考えていきたいと思います。

家づくりは大きく分類すると、
「土地」「家」「庭」
の3つがあるのですが、
まずは、負担減の最大の鍵を握る
「土地」からいきたいと思います。

毎月の返済額の基準

このブログでも
しょっちゅうお伝えしていますが、
個人的には、毎月のローン返済額は、
ご主人の手取り金額の30%以内に
抑えるべきだと思っています。

家以外にも、子供の将来や
自分たちの老後のための
積み立てをしていかないといけないし、
家を持ったらそれで終わりではなく、
家を維持していくためにも
それなりの費用が掛かり続けるからです。

そして、それらの費用に
奥さんの給料は全額飛んでいく
と言っても過言じゃないからです。

で、仮にご主人の毎月の手取りが
25万円だとした場合、
返済額の上限は75,000円
ということになるのですが、
この場合、35年ローンで逆算した
借入額はざっと2650万円となります。

なので、このローン額に
自己資金を合わせた額が
あなたが家づくりに掛けられる
上限だということですね。

では、350万円自己資金があり、
建てる家に2200万円かかるとしたら、
あなたはどのように家づくりを
すべきなのでしょうか?

外構工事(庭)に100万円、
地盤改良工事に100万円、
諸経費に150万円かかるとして
考えてみてください。

この場合、
土地に掛けられる費用は、
土地にかかる別途経費も含めて、
450万円ということになります。

なので、土地から買わなければいけない場合、
土地そのものに掛けられる予算は、
350万円〜400万円ということですね。

「はっ?話にならんやん!」
そう思われたかもしれませんが、
実は、これが家を建てるほとんどの人たちが
目を向けなければいけない現実です。

経済的な面を重視してみたら、
とてもじゃないけど
土地に1000万円も予算を
掛けている場合じゃないんです・・・
全額、親からの援助でもない限りは。

1000万円の土地を買った場合、
100万円ほど別途経費が掛かると考えると、
ざっと650万円予算が押し上がり、
毎月の返済負担が20,000円ぐらい
上がってしまうわけですからね。

かつ、それは35年もの長い間、
固定されてしまいますからね。

負担が増えた分、貯金の原資も減るため、
繰上げ返済のために貯金をするにしても、
思っている以上にお金も貯まらないでしょうしね。

それに加えて、今後は
ますます社会保障費や税負担が上がり、
20,000円手取りを増やそうと思うと、
40,000円近く給料が上がらなければ
いけないようになると思うので、
その点から見ても、
住居費の割合を抑えることは大事なことです。

土地を買わないという選択肢